2017年8月16日 (水)

マルチビタミンのサプリをきちんと飲むようにすれば…。

コンドロイチンというのは、ギリシア語の「軟骨」からきており、柔らかさであるとか水分をより長く保つ役目を担っており、全身の関節が滑らかに動くように貢献してくれます。
コレステロールを低減させるには、食事を見直したりサプリを用いるといった方法があるそうですが、実際に容易くコレステロールを減少させるには、どの様な方法がおすすめでしょうか?
グルコサミンとコンドロイチンは、両方とも生まれたときから身体内に備わっている成分で、特に関節を思い通りに動かすためにはどうしても必要な成分だと言われています。
日常的に落ち着いた時間が確保できない人にとっては、食事によって人の体が要するビタミンとかミネラルを補填するのは不可能に近いと言えますが、マルチビタミンを利用すれば、身体に取って欠かせない栄養素を迅速に確保することができるのです。
体の関節の痛みを和らげる成分として有名な「グルコサミン」ですが、「何故に関節痛に効果があるのか?」について教示させていただきます。

サプリメントに頼る気持ちも分かりますが、その前に常日頃の食生活を改善することも必要ではないでしょうか?サプリメントで栄養をキチンと補充していれば、食事はそれほど気にかけなくていいなどと思っている人はいないでしょうか?
脂肪細胞の中に、使い切れなかったエネルギーがストックされたものが中性脂肪で、酸性とアルカリ性のいずれの性質も兼ね備えているため、こういった名称が付けられたと教えられました。
コエンザイムQ10に関しましては、トラブルに陥った細胞を回復させ、お肌を滑らかできれいな状態にしてくれる美容成分だと言えます。食物を介して摂り込むことは簡単ではなく、サプリメントで補う必要があるのです。
肝心なのは、辛くなるほど食べないことです。皆さんが生活していく上で必要とするエネルギーと比べて飲み食いする量が多いとすれば、それが全て消費されることはありませんので、中性脂肪は一層蓄積されてしまうことになります。
コンドロイチンと言いますのは、関節の機能性を向上させるために必要な軟骨に含まれる成分です。関節部分の骨頭と骨頭の衝突防止とかショックを和らげるなどの貴重な役割を果たしています。

ここ最近は、食品に含有される栄養素であったりビタミンの量が低減しているという背景から、美容と健康の双方の為に、補助的にサプリメントを摂取することが当たり前になってきたと言われます。
ビフィズス菌を摂り入れることにより、早めに表れる効果は便秘改善ですが、残念ながら年を重ねれば重ねるほどビフィズス菌が減少することが分かっていますので、日頃から補給することが必須となります。
かねてから健康に役立つ食べ物として、食事の時に口に入れられてきたゴマではありますが、ここ数年そのゴマに含まれているセサミンに関心が集まっているようです。
マルチビタミンのサプリをきちんと飲むようにすれば、いつもの食事では満足に摂ることができないミネラルとかビタミンを補うことができます。全ての身体機能を良化し、精神的な安定を齎す働きをしてくれます。
膝などに起こる関節痛を緩和するために要されるコンドロイチンを、食物だけで補完するのは、実際的にはできないでしょう。どちらにしてもサプリメントで摂取するのがベストだと思います。

2017年8月12日 (土)

ネットにより大きく変容した現代は心的なプレッシャーも少なくなく…。

加齢と共に関節軟骨が摩耗し、終いには痛みに見舞われるようになりますが、グルコサミンを服用することで、関節軟骨が元通りになることが分かっています。
選手以外の人には、全然と言っても良いくらい求められることがなかったサプリメントも、近頃は若い人から高齢の方にまで、確実に栄養を身体に摂り入れることの必要性が知られるようになり、大人気だそうです。
コンドロイチンというのは、ギリシア語の「軟骨」が語源でして、柔軟性であったり水分を保有する働きをしてくれ、全身の関節が滑らかに動くように貢献してくれます。
コエンザイムQ10という物質は、細胞を構成している一成分であり、体の機能をきちんと保持するためにも絶対に必要な成分だとされています。そんな理由で、美容面または健康面で様々な効果を期待することができるのです。
医者に行った時に頻繁に耳にすることがある「コレステロール」は、大人の人なら皆さん例外なく気にされる名称ではありませんか?人によっては、命の保証がなくなることもあるので気を付けなければなりません。

私たちの健康増進になくてはならない必須脂肪酸とされるEPAとDHA。これらの健康成分を多く含んでいる青魚を毎日のように食するのが一番ですが、食の欧米化などの影響で、魚を食する機会が少しずつ減少してきているというのが実態です。
ここへ来て、食べ物に含まれているビタミンや栄養素の量が少なくなっているということで、健康を考慮して、補助的にサプリメントを取り入れることが当たり前になってきたと聞かされました。
意外とお金が掛かってしまうこともありませんし、それでいて健康に寄与すると考えられているサプリメントは、老いも若きも関係なく様々な方にとって、頼もしい味方となっていると言えるのかもしれないですね。
ネットにより大きく変容した現代は心的なプレッシャーも少なくなく、これが元凶となって活性酸素も多く生成され、細胞自身が錆び付きやすい状況に晒されていると言うことができます。これを予防してくれるのがコエンザイムQ10だと教えてもらいました。
周知の事実ではありますが、ビフィズス菌は加齢のせいで低減してしまうのが普通です。これにつきましては、どんなに計画性のある生活をして、しっかりした内容の食事を心掛けたとしましても、否応なしに低減してしまうのです。

コレステロール値が上がってしまう原因が、単に油で揚げたものが大好物だからとお考えの方も見受けられますが、それですと半分だけ当たっていると言えると思います。
コレステロールについては、生命維持に要される脂質だと言われていますが、過多になりますと血管壁に蓄積することになって、動脈硬化に繋がります。
ビフィズス菌が腸内で増殖している悪玉菌の数を減らすことにより、体内全ての組織の免疫力を一層強力にすることが可能で、そのお陰で花粉症等のアレルギーを抑えることも十分可能なのです。
血中コレステロール値が正常値を超えると、想像もしていなかった病気に罹ってしまうことも想定されます。そうは言っても、コレステロールが必要不可欠な脂質成分のひとつだということも本当のことなのです。
ビフィズス菌が住んでいる大腸は、人の消化器官の最終の通路だと言えます。この大腸で悪玉菌が必要以上に繁殖しますと、排便を始めとする大事な代謝活動が阻まれる形となり、便秘に悩まされることになるのです。

2016年11月 6日 (日)

サプリメントより、まずは食生活の改善を

サプリメントに頼る気持ちも分かりますが、その前にあなたの食生活を正すべきです。サ
プリメントで栄養を手堅く補給してさえいれば、食事はどうでもいいなどと思ってはいま
せんか?
ビフィズス菌の居場所である大腸は、人の消化器官の最終の通り道でもあるのです。この
大腸が悪玉菌優位になってしまうと、排便などの生命維持活動に必須の代謝活動が阻まれ
る形となり、便秘に苦しむことになるのです。
どんな人も身体内でコレステロールを生み出しているのです。コレステロールというのは
、細胞膜となっている成分のひとつだということが証明されており、生命維持活動に要さ
れる化学物質を生み出すという時点で、材料としても使われています。
セサミンというのは、ゴマに内在している栄養素の一種であり、あんなに小さなゴマ一粒
に大体1%しか含有されていないと言われる抗酸化物質である「ゴマリグナン」を構成す
る成分の一種なんだそうです。
コレステロールを低減させるには、食べ物に注意したりサプリを有効利用するといった方
法があるとのことですが、実際にスムーズにコレステロールを減少させるには、如何なる
方法がお勧めですか?

セサミンというのは、ゴマに入っている栄養成分ですが、1粒中に慰め程度の1%未満し
かないので、満足のいく効果を手にしたいという場合は、ゴマを食べるのみならず、サプ
リをのむことが必要でしょう。
マルチビタミンだけじゃなく、他にサプリメントも服用しているなら、両方の栄養素の含
有量を検証して、度を越えて利用することがないようにした方が賢明です。
「2階に上がる時に痛みで苦しむ」など、膝の痛みと格闘しているほとんどの人は、グル
コサミンの量が減少したために、身体の中で軟骨を作ることが困難な状態になっていると
言っても過言ではありません。
生活習慣病のファクターであると考えられているのが、タンパク質等と一体になり「リポ
タンパク質」として血液中に混ざっているコレステロールなのです。
近頃は、食べ物に含まれている栄養素だったりビタミンが激減しているという背景もあり
、美容&健康のことを考えて、意欲的にサプリメントを服用する人が多くなってきたそう
ですね。

機能性を考えれば医薬品みたいに思えるサプリメントなのですが、日本国内では食品だと
されています。そういう理由もあって、医薬品と比較して規制もきつくなく、どんな人で
も開発したり販売したりすることが可能なのです。
重要だと思うのは、暴飲暴食をしないことです。ご自身が要するエネルギーと比較してお
腹に入れる量が多ければ、それが全て消費されることはあり得ませんので、中性脂肪は今
後も溜まってしまうことになります。
グルコサミンは、擦れて薄くなった関節軟骨を元の状態に戻すのは当然の事、骨を作る役
目を担っている軟骨芽細胞自体の働きを向上させて、軟骨を強靭化する作用もあると聞い
ております。
今の時代はストレスも多く、このために活性酸素もそれまで以上に発生してしまい、細胞
全部がダメージを被るような状態になっています。これを阻止してくれるのがコエンザイ
ムQ10というわけです。
血中コレステロール値が正常値を超えると、考えてもいなかった病気に罹患することも考
えられます。しかし、コレステロールがどうしても必要な脂質成分の1つだということも
事実なのです。

2016年7月31日 (日)

野菜が脂肪の吸収を阻害してくれます。

272
会社で受けている健康診断で、中性脂肪の値が異常に高かったので、びっくりしました。

わたしの姉に聞いてみたら、姉の値はわたしの4分の1くらいしかありません。

その前に、親戚のお葬式で、初めて会った人から、わたしのほうがお姉さん?と聞かれて、すごいショックを受けていたので、この見た目の差は、やっぱり中性脂肪も関係しているのかなーと思ったのです。

先日テレビで、食物繊維が果たす役割を、模型をつかって説明していたのですが、腸の表面にある、脂肪を吸収する部分を食物繊維がふさいでくれるので、その結果、脂肪の吸収が抑えられる、とのことでした。

なので、まず食事のときは、いちばんはじめに野菜類を食べて、腸の表面に蓋をするようにしています。

そのあとで、そのほかのものを食べれば、脂肪の吸収を阻害してもらえます。

それから、ついでに血糖値の上昇もゆっくりになるので、一石二鳥ですよね。

ただ、すごくおなかが空いていて、いますぐ脂っこいものを口に入れたい!と思ったときでも、まずはぐっと我慢しなくてはいけないのですが。


2016年4月 4日 (月)

医者は受けない人間ドックの無駄検査を大発表!

 11d5a966d0e8d351814ba56e0988b862




知る人ぞ知る人間ドックの無駄検査を大発表します!

 

お医者さんが口を揃えて「私だったら受けない(笑)」という検査とは?


人間ドックの検査項目は基本的に多いほど精度は高くなります。

そして増えれば増えた分だけ費用もかかります。


基本検査だけだと、5万円前後が相場が、

勧められるがままに、オプションを増やしていくと

すぐに10万円を超えてしまいます。



しかし中には制度に疑問が残る検査や有能性がゼロではないが

コストに比べるとパフォーマンスが高くない検査もある。

 

そこで様々な医師や関係者に「自分だったら受けるかどうか?」という

アンケートを取った資料をもとにランキングを発表します。

 

1位  遺伝子ドック

これは先天的な遺伝子情報を把握する事で主にがんを対象とした

“早期発見”を目的とするものです。

MRICTでも 発見できないような微細ながん細胞を検出し
予防管理に努めるというのが正しい狙いだが・・。

 

「確かに病気の確率が分かるよ。でも分かった所でどうするの?」


「分かったところで予防法は大半が生活習慣の改善。それなら、他の検査で十分キャッチできるレベルの情報」

 

「むしろ確率の非常に低い発病リスクを知っている状態の方がストレスにつながるので気持ちが強くない人は受けない方がいい」

 

将来、発病する可能性が低いリスク要因にまで、ビクビクしながら生活するのが

良くないみたいですね。

 

2位 腫瘍マーカー

これは前立腺がんの早期発見を目的とするPSAを除いて、

基本的には病気の進行度合いや投薬の効果判定に用いる検証法で

その精度に疑問の声も多い。

 

「見つかったところで遅い」

「早期発見には向いていない、結局他の検査が必要になる。」

結局、病気の確定診断には別の検査が必要になるとの指摘が多かった。

 

 

3 PET検査(単体)

 

がんの全身スクリーニングとして有名だが胃や肝臓、

前立腺など実は苦手な部位が多い。

CT検査などと組み合わせないことには、がんの位置や形状を

正確に読み取るのが難しいという弱点がある。

また費用も10万円前後と高い。

 

CTと組み合さないと精度が悪い、これだけでは見落とす。」

 受けるならCTとの併用のPET-CTを勧める医療機関なら信用できそうですね。

健康診断の結果を受けて、人間ドックの受診を検討する人がここ最近

増えてきています。


人間ドックを受ける事も大事ですが、まずは病気にならないように

毎日の習慣を見直して、適度な運動を心掛けて、

大切な家族を守るためにも、毎日の健康管理を心がけましょう!


健康寿命を延ばす事が、医療費の節約につながります。


そして豊かな老後にもつながっていきます。

2016年4月 1日 (金)

人間ドックの検査にはどんなのがあるの?

4e1bd267fbadf150e2fd7346decfd21c


○一般的な検査内容

・身体計測

身長と体重から肥満度を算出し判定致します。
肥満度はBMIという呼ばれる名称で表します。

・血液検査

肝臓や腎臓が正常であるのか、脂質や糖質の値が高すぎないのかを調べます。
これらに異常が発見されると病気になる可能性があります。

・眼底検査

血液が硬くなってしまう病気の程度を調べたり、高血圧や糖尿病による
眼の合併症を調べることができます。
そして眼の病気である緑内障や白内障の有無を調べることができます。

・眼圧検査

眼の中に含まれる水分量によって、眼の柔らかさが決まります。
この数値が高いと緑内障の疑いがあります。
日本人の失明の原因のなかで2位に位置づけられる病気が緑内障です。


・尿検査

尿に本来ならば含まれることのない血液の有無を調べることができるため、
尿路結石や膀胱炎などの病気がわかることもあります。

・便潜血検査

尿同様に本来ならば便に含まれるはずのない血液を発見することで、
大腸や直腸、肛門の病気が見つかることがあります。
具体的に発見される疾患は、消化器系の出血やポリープ、大腸がんなどです。

・胸部エックス線検査

肺などの呼吸器官の炎症やがんが発見できます。
肺に水がたまっていたり、穴が空いていることもこれである程度わかります。

・胃部エックス線検査

胃潰瘍や胃がんといったよく耳にする病気はこの検査で発見されることが多いです。
一般的にはエックス線検査で異常が見られた場合、胃カメラ検査を行います。
エックス線検査は、胃カメラと異なり、体力が失われず、容易に検査できるのが特徴です。

・心電図検査

心臓のどこかの箇所が大きくなっていて血液を遅れているのかを把握できます。
血液を利用して、体中に栄養分と酸素を問題なく運搬できるのか
などある程度の状況を把握できます。

・腹部超音波検査

肝臓やすい臓、腎臓に腫瘍ができていないかを調べることができます。
胆のうに関しては、胆石などの有無を調べることができます。

・肺機能検査

肺に穴があいていないか、ぜんそくがないか、せきやたんの状態はどうか
がわかります。具体的な検査方法としては、肺活量を測る要領で行います。


多くの医療機関で、これら一般的な人間ドックのコースには含まれていない

検査オプションを加えることができます。

中でも、体全体をスキャンして問題点を発見するMRIやCT、腫瘍マーカーと

呼ばれる血液中の成分を確認して行うがん検診のオプションは人気です。

女性の方は、女性特有の病気などを調べる「婦人科検診」をオプションとして

追加できることが多いです。




○追加オプションの検査内容

                  (見つけられる、主な病気)

① 頭部MRI ・・・    脳出血、脳腫瘍、脳梗塞など

頭部を切開せずに全方位的に脳腫瘍、脳出血、
脳梗塞などの病変の場所や形や広がりを特定できます。


② 頭部MRA   ・・・・   くも膜下出血、脳動脈瘤など

MRAで血管のみを抽出して、血管の狭窄や梗塞などによる血流異常、
くも膜下出血、脳動脈瘤などが分かります。


③ 頭部CT  ・・・・  脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈瘤など

X線によるコンピュータ断層撮影を行い、脳内を輪切りにした画像から、
脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍などの病変の場所や広がりを診断します。


④ 頸部MRA  ・・・・   脳血管疾患・頸部の動脈硬化

磁気共鳴という物理現象を応用して頸部の血管の状態を詳しく立体画像化し、
頸動脈の動脈硬化の程度を診断します。


⑤ 頸動脈エコー   ・・・・   頸部の動脈硬化

超音波を流し、脳に血液が正常に流れているかを見る検査です。
頸部には、脳や頸の組織に送る動脈が複数通っており、
それぞれの動脈の異常が分かります。


⑥ 胸部CT  ・・・・ 肺がん・肺炎・肺結核・肺気腫・気管支拡張症など

X線を使って胸部の断層写真を撮影して体の輪切り像を作ります。
この輪切り画像を積み重ねることで、肺の状態や働きを詳しく観察します。



⑦ 乳房X線検査 ・・・・・ 乳がん、乳腺繊維線腫、乳腺炎、乳腺症など
(マンモグラフィー)

乳腺専用のX線装置を用いた、レントゲン検査です。
腫瘤(しこり)や石灰化・乳腺のゆがみなどを確認します。


⑧ 乳房超音波検査 ・・・・ 乳がん、乳腺繊維線腫、乳腺炎、乳腺症など

超音波を体内に発信し、エコーを利用して乳腺を解析・画像化します。
しこりの形状や石灰化のようす、腫瘍の有無などを診断します。



⑨ 子宮がん組織検査 ・・・・  子宮がんなど

子宮の入口の粘膜から細胞を採取して観察する検査です。
綿のついた細い棒状の検査器具を使って細胞をこすり取り、
膣がんや子宮頸がんの発見に役立てます。


⑩ 前立腺超音波検査  ・・・・  前立腺がんなど

前立腺の形や大きさ、また前立腺内部及び周囲の状態を超音波で調べる検査です。


⑪ 骨密度検査   ・・・・  骨粗しょう症、カルシウム代謝異常など

骨に含まれるカルシウム量から骨の強度や密度を調べる検査です。
主に骨量減少によって骨折しやすくなる、骨粗しょう症を診断します。


⑫ 脈波測定検査   ・・・・ 動脈硬化、血管障害など

脈波の伝達時間,足首・上腕の血圧比を計測し,CAVI値,ABI値を求める検査で,
動脈の硬さや詰まりを反映する指標として広く普及しています。



追加オプションの検査費用(料金)は、医療機関や検査項目の数によって大きく変動します。

頭部MRI・MRAのみのシンプルなコースでは2~3万円前後のものもあれば、
脳卒中と関連する部位の検査を充実させたり、レディースドックなど
セットで組み合わせたコースでは10万円を超えるものまであります。

詳しくは受診をお考えの医療機関にお問い合わせ下さい。

人間ドックで低血糖症は分かるの?